ネットワークビジネスのシステム〜初歩編〜

  • 2010/11/09(火) 22:45:26

ネットワークビジネスとは、商品やビジネスを紹介し、商品の販売手数料や紹介料を稼ぐビジネスです。

わかりやすい例をあげます。あくまでも例であって、仕組みを理解するためだけの内容です。


--------------------------------------------------------------------------------

Aさん「このお菓子、買いません?おいしいんですよ。」
Bさん「そうなの?じゃ、買ってみよう。。。。。おいしいね!」
Aさん「ありがとう。ところで、Bさんもこのお菓子売りませんか?」
Bさん「なんで?」
Aさん「このお菓子が売れると出来高払いで、商品の代金の10%が貰えるんですが、
     Bさんが売ってくれた売上からも私は10%貰えるんですよ」
Bさん「俺の売り上げで、Aさんに収入が?Aさんずるい!!」
Aさん「BさんもCさんに売れば10%貰えるし、Cさんが誰かに売れば、
     その売り上げの10%貰えますよ。私も更にCさんの売り上げから10%ずつ
     貰えるんですけどね」

↓そして。。。↓

Bさん「このお菓子、買いません?おいしいんですよ。」
Cさん「そうなの?じゃ、買ってみよう。。。。。おいしいね!」

--------------------------------------------------------------------------------


この流れが繰り返されます。
まぁ、わかりやすく言っただけで、延々と10%ももらえるなんて事はありえませんけどね(笑
簡単に仕組みを説明するとこうなります。(あくまでも簡単に、ね。)

世の中には、たくさんの流通経路があるのに、
なぜネットワークビジネスは、このような手法で売るのでしょう?

メーカー側のメリットは、広告費をかけずに宣伝できる事です。

広告費というのは、簡単に数千万、数億というお金がとんでいきます。
この広告費を全くかけずに、商品を広めることができるというのは、メーカーにとってはなによりのメリットになります。

この手法を利用して商品を広めている会社というのは案外多いものです。
例えば、有名なところはア○ウェイなどの化粧品関係。そして、元をたどると、お弁当箱のタッパーもこの手法で売り出しはじめたものだし、マクドナルドなどのフランチャイズも、当初はネットワークビジネスと呼ばれていました。

今、はやりのアフィリエイトも似たようなところがあります。
各個人に宣伝をしてもらい、売れたときだけ広告費をサイト作成者に払っています。
2WAY方式(紹介者の紹介もお金をもらえる方式)をとる会社も増えてきたため、仕組みはかなり似てきています。

二度と疲れない

  • 2010/05/02(日) 16:28:58

『疲れたな〜』

家に帰ってきて無意味にこんな事を言う毎日が続いていた。

疲れがたまると、仕事がメチャメチャはかどらなくなるので、なんとか疲れない方法はないものか?と考えるようになった。


と言うのも、『疲れた、疲れた』と口では言うものの、それが精神的な所から来るのが大部分だな〜と言うのもなんとなく自覚していたからだ。

精神がたるんでいるから体が疲れるのかもしれない。
と思い始めた。

しかし、それもどうも違うようだった。

そして、よくよく振り返ってみると僕は自分自身で、毎日『疲れた〜』と、自分に向かって宣言している事を発見した。

つまり、僕は自分から疲れようとして、疲れていたのだ。

それを発見してから、と言うもの僕はある決心をした。(昨日の事だけどね。)

『二度と、疲れた…と言う言葉は使わない!』

実際に体に疲労を感じたとしても、それを言葉でさらに強化する事はない。

大して疲れてない時にも、こんな言葉を使って、自分をよけいに疲れさせる必要はない。

疲れたという言葉を使うことで僕は膨大なやる事リストから逃げていただけなのかもしれない。

しかし、もう気がついた。二度と疲れない。


思うに、これはあなたの生活にも毎日起きてることじゃないかな?

疲れた、疲れたと言って毎日を過ごしている事はないかな?

あなたも僕も完璧な人間じゃないから、そんな事があるのは当然のことだ。

でも、それを改善しようとしなかったら、成長はそこで止まってしまう。

成長がなくなったら、死んだも同然だ。

一緒にやらない?『疲れた』という言葉の廃止キャンペーンを ^^



MLM成功セミナー

ネットワークビジネスとは

情報商材の餌食になる人たち

ネットワークビジネスで知り、思い、感じた事

魅力のあるホームページを成功させるコツとは???

ネズミ講とは?

  • 2010/03/21(日) 02:14:43

ねずみ講とはマルチ商法の仕組みを利用し、ビジネスではなくマネーゲームをする組織です。


・商品の販売を目的にしていない。金銭の配当だけを目的としている。
・組織はねずみ算的に拡大してゆくシステム
・上の順位の人が、下の順位の人より儲かるようなシステム
・商品と称するものがあっても、紙切れ一枚であったり、常識的には考えられない商品を流通させている。


上記すべてに当てはまるものが『ねずみ講』の定義であり、これは違法行為と法律により定められています。



ネットワークビジネスで本気で成功したいなら

私が在住のMLM

ネットワークビジネスにも共通する努力の成果

ネットワークビジネスでの被害

ネットワークビジネスのダイレクトレスポンスマーケティング

ネットワークビジネスのシステムを知りたい

  • 2010/03/02(火) 14:03:13

はじめまして♪


このブログでは、さまざまなシステムについて語りたいと思いますのでよろしくお願いします。


つい先日、チリでM8.8の大地震がありました。死者723人というものすごい規模はひさしぶりではないでしょうか?


日本にこんな大地震がきたら間違いなく社会のシステムはは混乱するでしょうね・・・



話がずれちゃいました(汗)


私はネットワークビジネスに取り組んでいますが、そもそもネットワークビジネスは何??って方も少なからずいらっしゃると思います。


はじめに、マルチ商法とは?をご説明しますね。


結果を言ってしまうと、マルチ=違法ではありません。


「全く新しいビジネスで、マルチ商法やマルチまがいではない」などと言ったセールストークが多く見られますが、法律上は全て「連鎖販売取引」として定義されており、「これはマルチ商法ではない」というセールストークは、「不実告知」という違法行為になります。


過去には、有店舗フランチャイズもマルチ商法と呼ばれていた時期もあり、その当時は、マクドナルドも怪しいビジネスと言われていた時代があるのです。


マルチ商法とはMLM(マルチレベルマーケティングプラン)とも呼ばれる販売形態です。


定義については非常に難しく、今なお流動的に変化しています。


マルチ商法、と聞くと、違法なもの、ととらえる人が多いため、『ネットワークビジネス』『無店舗フランチャイズ』『無店舗販売代理店』『在宅ビジネス』など、様々な名前で呼ぶようになってます。

しかし、 マルチ商法自体はまっとうな流通経路であり、正しい知識を持てば、決して怖いものではないのです。


そう、ネットワークビジネスも無店舗フランチャイズも、すべてマルチ商法なのです。


一般的には、消費者(無店舗個人)が一定の金銭的負担を条件に、商品の販売や役務の提供に係わるビジネスに参加する方法を、マルチ商法ということが多いです。


マルチ商法の仕組みを使い、違法なことをしている人が存在する、という事は、事実です。


え?マルチ商法って、違法な行為なんじゃないの?こう思う方も多いと思います。




ネットワークビジネス未来飛行

ネットワークビジネスで成功する方程式

私がネットワークビジネスを通じて感じる環境と健康

日用化粧品の安全性

ネットワークビジネスから学ぶ心理学と哲学